カプージャポンについて

カプージャポンは1998年、マウリシオ・越後(Contra Mestre Mauricio)により、大阪で設立されたカポエイラのグループです。創始者のマウリシオは2007年にブラジルに帰国しましたが、現在も彼の教え子の指導者たちが中心となって 、ブラジル・サントスのスタイルのカポエイラを学ぶグループとして現在も活動を続けています。 

師範
Mestre Carneirinho

本名:Wilson Borges
まだストリートが主体だった時代からカポエイラを始める。その後、Mestre Coriscoに師事する。
兄弟弟子であるMestre Bandeiraが設立したASCAB(Associacao Santista de Capoeira Areia Branca)の最初の弟子としてブラジル、サントスにおけるカポエイラのパイオニアの一人として活躍。
現在はサンパウロ沿岸部のベルチオーガでカポエイラをしている。

創設者・副師範
Contra Mestre Mauricio

ブラジル、サンパウロ州サントス出身。幼少のころからMestre Carneirinhoのもとでカポエイラを始め、若干19歳でContra Mestreの称号を与えられカポエイラの指導にあたる。
その後、来日し1998年に大阪でカプージャポンを設立する。設立当初より他団体との交流を積極的に行い、全国のカポエイラ団体と進行を深める。
2007年にブラジルへ帰国、現在はマナウスに居住。
2010年と2013年に開催した昇段式参加のため来日。

代表者

現在、カプージャポンは四人の代表にて運営されております。

Gata Linda

2002年入門
神戸支部リーダー

Pingo de Ouro

2002年入門
福岡支部リーダー

Ratinho

2002年入門
堺支部リーダー

Quase Cabeludo

2006年入門
沖縄支部リーダー